冬は乾燥が特にひどいんですが、かと言って医者に行くほどでもなく

冬は乾燥が特にひどいんですが、かと言って医者に行くほどでもなく

肌の状態

若い頃から部分的乾燥肌でした、末端部はかなり乾燥するのに顔などはあまり乾燥しないタイプなので、結構対策が難しいタイプです。

年取ってからは特に、末端部の乾燥がひどくなってきまして、指先のひび割れなどそれほどひどくは無いのですが、衣服に引っかかったりするとチマチマ痛むのが煩いですね。

それと着替える時に、粉吹いてる脛の部分などから粉が散るのが、気持ちよくないです我ながら。

多少の敏感肌でちょっとアレルギーもあるので

これも年取ってからなのですが、多少のアレルギーが出るようになり肌に合わないものを塗ったりすると、逆に状態がひどくなるようになってしましました。

とにかく無添加のものを探しまして、扱っているドラッグヅトアが限られるのが難点なのですが「かさ肌かゆ肌」と言う、保湿クリームを見つけました。

これはハンドクリームではないので全身に使え、まだべたべたしていないので吸い込まれる感じです。香料も勿論入っていないので、匂いが煩いことも無く鉱物油もアルコールも無添加、肌に優しいクリームです。

しかも大容量の割りにお値段も安く(普通のハンドクリームより安いです)、コストパフォーマンスがいいので、ここ数年愛用しています。顔に塗っても大丈夫なのが嬉しいです。

それでも少々足りなくなってきました

しかし今年の冬はそれでも足りず、指先のひび割れも本当に治らず。

これは若い頃使用していた「紫雲膏」のお世話になるしかないだろうかと、半ば決意したのですが。

いえこの「紫雲膏」大変によく効きますが、傷にも火傷にも効く万能塗り薬なんですが、いかんせんいささかお値段が高いのと滅多なドラッグストアでは売っていないので、入手も困難なのです。

で、ふと思いついたのが「オリーブオイル」、昨年の秋口から何となく料理に使い始めていたんですが、これまた肌の荒れに効くと聞きましたので。

夜寝る前に一番ひどい部分にこれを塗ってから、「かさ肌かゆ肌」を塗るようにしてみました。

これはかなり正解で、脛の部分の粉吹きが治まってきたのはありがたかったです。

ただし1日に何度もこの2つを塗るのはさすがに面倒なので、昼間ちょっとした洗い物の後などに塗るものを探してみました。

以前試供品で貰った、メンタームの「メディカルクリーム」を試してみましたら、これが中々指先のひび割れに効く事が解りまして。

ドラッグストアで探してみましたら、コストパフォーマンス的にも中々良いことが判明しました。

少量でも伸びがいいので、手全体に伸ばして使えるのです。

「匂いが無くなるまで塗りこんでください」の説明文どおり、ユーカリの匂いが最初一寸きついのですが、塗りこんでいくとそれも消えて。

その頃にはしっかり手に馴染んでいると言うわけで、その家庭でマッサージにもなるという事です。

ただこれ、一つだけ問題は・・・塗った跡に手が滑りやすくなることでしょうか、カップやマウスなど持つときに注意しないと滑るのです。

この3品で、この冬の乾燥肌を何とか乗り切りました。

ここ数年、試してみた感想肌用の品と使い方を書いてみました。無添加のものをメインに使っています。

食べられるものを使うのもいいと思います。

上手く組み合わせると、効果が上がると思うのですが、私はこんな感じに組み合わせて使い分けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です